gnavistart_XotNannRS
gnaviend_XotNannRS
  1. HOME
  2. CSRへの取り組み
  3. CSRへの取り組み
  4. 千代田グループのCSRへの取り組み

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

千代田グループのCSRへの取り組み

千代田グループでは、創業当時より私たちの企業活動そのものが企業の社会的責任(CSR:Corporate Social Responsibility)と密接に結びついていることを認識していました。

当社は、1948年に「技術による社会への奉仕」をモットーに設立され、その際に、創業者である玉置明善氏は、「従来、企業はよき財物やサービスを提供し、人々の生活水準を向上させ、社会に貢献することをその基本的機能としてきたが、企業が社会の中で恒久的存在としてその比重や影響力を増すにつれ、企業の社会的責任が問われ、社会の福祉に役立ち、社会から信任される企業でなければ、その存立すら危ぶまれる時代となった」と表明しています。

21世紀への遺産 復刻版

1972年に人類の発展と自然調和を提唱する小冊子「21世紀への遺産」を発行し、エネルギーと環境問題を解決するための技術開発に取り組むことを宣言しました。現在もこの精神は千代田人に引き継がれ、千代田グループの技術のバックボーンになっています。

21世紀への遺産 復刻版 (PDF1.7MB)

以来千代田グループは、CSRの精神を創業時より私たちの活動に反映し、全てのステークホルダーから信頼と共感を得る企業であり続けるよう努めています。この一環として、2006年に「CSRビジョン」を策定し、グループ社員一人一人の行動に展開するなど、このプロセスと結果を報告しています。

*1 国連グローバル・コンパクト(UNGC):
企業が責任ある創造的なリーダーシップを発揮することによって、社会の良き一員として行動し、持続可能な成長を実現するためのグローバルな枠組みづくりに参加する自発的な取り組み。
人権・労働・環境・腐敗防止などに関する10原則を軸としている。

*2 Socially Responsible Investment:社会的責任投資

*3 Environmental・Social・Governance:環境・社会・企業統治の課題に配慮・対応すること