gnavistart_XotNannRS
gnaviend_XotNannRS
  1. HOME
  2. CSRへの取り組み
  3. 環境への取り組み CSR Vision 2
  4. 環境マネジメントシステムについて (EMS)

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

環境マネジメントシステムについて (EMS)

「エネルギーと環境の調和」を経営理念の中核に掲げる当社は、いち早く2001年3月にISO14001(環境マネジメントに関する国際規格)認証を取得し、労働安全衛生・品質・環境(SQE)基本方針と環境マネジメント体制を整え取り組みを進めるとともに、体系的な環境教育と環境意識の啓発に努めています。

環境マネジメント(EMS)

環境マネジメント体制
22_EMS_Framework_R2_J

当社は、環境活動に関する最高意思決定機関として経営会議の一部である「SQEI(Security・Quality・Environment・Information Security;労働安全衛生・品質・環境に情報セキュリティーを複合)マネジメントレビュー会議」を設置し、労働安全衛生・品質・環境(SQE)基本方針を示すとともに、定期的に活動内容の見直しを指示しています。

また、労働安全衛生マネジメント活動や環境マネジメント活動推進のために、経営トップ直轄の委員会を設置し、さらにその下に各事業拠点・活動に対応した委員会を置き、オフィス活動、研究開発活動およびEPC(設計・調達・建設)活動について、それぞれ自主的な取り組みを推進しています。

さらに、地球温暖化防止に関しては、社長、SQEIマネジメント委員会の下に総務ユニットをはじめとする関連部場所の責任者(各GMまたはSL)らで構成された「地球温暖化防止対策ワーキンググループ」を全社横断組織として設置して、対策計画案の策定、実施状況の監査などに取り組み、オフィスの地球温暖化ガス排出量削減を推進しています。

ISO14001認証

当社は、2001年3月に国内の専業エンジニアリング会社として初めてISO14001の認証を取得し、2005年3月には研究開発センターでの活動も認証対象に加えられました。

2012年11~12月に、第4回目の更新審査を受け、2013年2月には海外プロジェクトのEPC業務が認証対象に加えられ、ISOの認証範囲は、上図の管理体制の全組織をカバーすることとなり、現在に至っています。尚、ISO14001が2015年版に改訂され、現在ISOの改訂を反映し認証を2017年度に更新するべく対応しています。

環境教育

当社では、環境教育を下記の3つに区分して、環境に関する専門教育を実施しています。更に、建設現場などで必要とされる特に専門性の高い有資格者を確保する為の特別教育も行っています。

csr_v2_01_01  csr_v2_01_02

環境監査

当社では、環境活動が適切に行われているかを把握するため、年度単位で内部監査を実施しています。
2013年度からは、労働安全衛生(S)、品質(Q)、環境(E)、情報セキュリティ(IS)をSQEI複合監査として同時に実施しています。恒常部場所の内部監査は書面監査と面談監査を実施しており、書面監査は全部場所を対象に毎年実施し、面談監査は全部場所を対象に3年に1回の監査頻度となるように実施しています。監査は第三者審査機関から受けた指摘事項への対応も含んでいます。