gnavistart_XotNannRS
gnaviend_XotNannRS
  1. HOME
  2. CSRへの取り組み
  3. 人を尊重する取り組み CSR Vision 4
  4. 労働安全衛生

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

労働安全衛生

千代田グループのCSR中期活動方針の一つとして「安全はコアバリュー」の全関係者への浸透」を掲げています。この意識が、全従業員に定着するような取り組みを続けています。

労働安全衛生教育

「C-SAFE」活動の推進

千代田グループは「建設現場の工事安全」を主眼として、当社独自プログラム「C-SAFE」活動を推進し、全社SQE基本方針には「あらゆる事故は防止できる」を掲げ、安全文化の醸成に努めて参りました。更に今年は、当社全グループに「みんなで始める安全文化」を呼びかけ、C-SAFEの新しいロゴを公募した結果、37作品が競い合う大きな反響が巻き起こりました。

 

上記は社員応募作品から全員投票により選び決定した新ロゴです。安全文化を「次世代へ」しっかり繋いでいく当社の固い意志を表現しています。次世代を担う子供達の視線が、当社の関わる全ての事業活動に向けられ、当社一人ひとりが「安全」への思いを更に深くし、また新鮮な気持ちを奮い立たせる、当社らしい旗印となりました。

HSEマネジメントシステム

千代田グループでは、労働安全衛生、環境、品質及び情報セキュリティの4つのマネジメントシステムを統合して、2014年8月より運用開始しています。
労働安全については、全世界で一般的に通用している認証規格であるOHSAS18001の認証を2013年2月に取得し、マネジメントシステムの有効性を確認することができました。
マネジメントシステムの要求事項に従い、年度ごとに「全社HSE*1目標」を設定し、この目標達成のため「全社HSEプログラム」を策定します。この全社プログラムに基づき各プロジェクト本部がそれぞれ「HSEプログラム」を作成して具体的な安全管理活動を展開しています。
また、年度毎に安全目標を設定しています。2016年度目標(国内プロジェクト)は、不休災害を含めた災害発生率TRIR*2 0.5未満としています。

 *1:Health, Safety and Environment
 *2:Total Recordable Injury & Illness Rate(OSHA, U.S.A.規格に準じる)

OHSAS認定証

こうした取り組みの成果を下図、「建設現場の度数率と強度率」に示します。2015年度実績値は、以下の通りです。
なお、建設現場における死亡事故件数はゼロでした。