gnavistart_XotNannRS
gnaviend_XotNannRS
  1. HOME
  2. CSRへの取り組み
  3. 公明正大な企業運営に向けて CSR Vision 5
  4. リスクマネジメントについて

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

CSRへの取り組み

リスクマネジメントについて

リスクマネジメント基本方針

千代田グループではリスクマネジメント活動を経営戦略の策定・実行とともに企業価値を保護・向上させる為の車の両輪と捉え、リスク情報を適切に社会に開示し、事業経営の透明性を高め、リスクに対して事前に対策を進めて予想されるリスクを低減して事業目的の達成を図ることを「リスクマネジメント基本方針」と定め、リスクマネジメントの目的、並びに行動指針を定めています。

リスクマネジメント基本方針

リスク管理体制

千代田グループの事業の中核であるプロジェクト案件の受注・遂行、リスク管理については、テイクアップ検討会、見積方針検討会、プロポーザル審議会等の自己統制制度を堅持しています。加えてコールドアイレビューシステム、プロジェクトオーディット等の内部牽制機能は財務・プロジェクト管理ユニットが担当しています。
千代田グループの危機管理体制として、危機管理基本規定に基づきリスク管理・危機管理体制を構築し、恒常的な予防管理と有事の際の対処を行っています。
全社のリスクを統治する恒常組織としてリスクマネジメント本部を設置し、各本部に配置するリスクマネージャーが実施するリスクマネジメント活動について、これを一元的に統括しています。リスクマネジメント本部の所属ユニットである危機管理ユニット(ユニットGMはクライシス・マネージャーを兼務)は、危機が発生した場合の会社経営へ及ぼす影響を最小限に抑えるために設置する緊急対策本部の事務局機能を負っています。グループ企業のリスク管理・危機管理についても同様の展開を図ります。

リスク評価/対策

上記「リスクマネジメント基本方針」に則り、リスクマネジメント計画を策定し、当社が優先的に取組むリスク項目を洗い出してPDCAを廻しています。
優先的に取組むリスク項目を洗い出すにあたり、リスクマネジメント本部にて毎期、幹部社員を中心に「リスクアンケート」を実施します。千代田グループとして想定可能な経営、プロジェクト遂行、自然災害、IT、情報セキュリティ、腐敗防止・人権保護・ハラスメントを含むコンプライアンス等を始めとする事業全般に係る約100項目のリスクを、「影響度」「頻度」「対策度合い」の3つの観点からそれぞれ分析・評価し、優先的に取組むリスク項目を選定します。それらのリスク項目については、所管部署・リスクマネジメント本部・関連部署が連携して、発生しないよう、また発生しても会社への影響が小さくなるよう予防及び対応措置の実施を進めていきます。

BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)について

千代田グループでは、事業遂行上のリスクに加えて火災・大地震や情報漏洩、コンプライアンス、海外でのテロなどへの危機管理対応に取り組んでいます。
BCP(Business Continuity Plan:事業継続計画)とは、事業中断の原因となるさまざまなリスクを想定し、これらを未然に回避し、あるいは被害を受けても速やかに復旧される為の方針や行動手順を定めたものです。
千代田グループでは、「火災・地震などの自然災害」、「新型インフルエンザなどの疫病」、「テロ・紛争などの政治的な要因」など千代田グループに対して重大な影響を与える災害が発生し「事業継続を脅かす事態と判断する場合」には速やかにBCPを発動して、「人命第一」を基本理念に重要業務の最低限の継続を図り、事業の早期復旧に向けて取り組むと共に、被災した地域の復旧・復興支援を行い地域社会に貢献してまいります。

2015年度は、初めてBCP訓練を実施しました。これは国内グループ会社と共同で実施されました。
首都圏で震度6強の直下型地震が発生した想定で、「リアルタイム型シミュレーション訓練*」を行いました。参加者全員が積極的に情報収集・整理・対応を行い、有意義な訓練となりました。訓練を通して発見された課題への対応を反映し、より実効的なBCPを目指して改定を行います。このBCP訓練は今後も毎年実施する予定です。

*リアルタイム型シミュレーション訓練:
 災害発生直後から数日以内に発生するイベント(被害報告、問合せなど)に関して、時系列に沿って外部から訓練参加
 者へ情報連絡や問合せがなされ、参加者はこれらの同時多発的に付与される様々な情報を整理し、状況判断や社内
 への指示などを検討する訓練。