gnavistart_XotNannRS
gnaviend_XotNannRS
  1. HOME
  2. 会社情報
  3. 組織
  4. マネジメントの紹介(代表取締役)

会社情報

マネジメントの紹介(代表取締役)

2017年2月1日現在

代表取締役社長 澁谷 省吾

澁谷 省吾

1976年入社、石油、ガス関連設備の制御システム設計、調達、試運転に従事。国内はもとよりイラク、インド、英国、オマーンなどに赴任しプロジェクトを遂行した。 1999年制御システム部長、2005年エンジニアリング本部長、2010年技術部門長。 設計の責任者としてプロジェクト遂行を行うと同時に、技術者の視点でエンジニアリング会社の在り方を追求してきた。 システム設計者としての論理的な思考とプロジェクトを遂行する感性をもって経営にあたっている。

2013年4月 代表取締役社長に就任。時代の要請に応える千代田グループの変革をさらに推進すべく、事業領域の基盤強化と拡大、収益力の向上、グローバル化のさらなる推進、危機管理の徹底に指導力を発揮していく。

代表取締役副社長執行役員 中垣 啓一

中垣 啓一

1975年に三菱商事に入社。1976年より1978年までフランス語研修生を経て1978年より化学機械部に配属され、1980年にアブダビADNOC向けの肥料プラント(現在のFERTIL社)を千代田化工建設と組み受注。1986年からインドネシアの担当となり、カリマンタン島Bontang Train-Eのプロジェクトファイナンスを組成。1989年より1995年及び2000年から2004年まで2回ジャカルタに駐在し、この間千代田化工建設とLNGTrain-F及びTrain-Gを受注し、ファイナンス組成も担当した。

2004年より機械グループCEOオフィスにて経営計画担当及びCEOオフィス室長 として機械グループの経営計画・事業投資及び地域戦略に携わった。2008年より執行役員、インド三菱商事会社 社長として2013年3月末まで5年間三菱商事グループのインドビジネス拡大に尽力した。

2013年4月、当社顧問に就任、2013年6月より代表取締役副社長に就任。若い頃よりチームワークとコミュニケーションを最重視しており、この信条を大事にしつつ千代田の更なる成長に貢献したい。

代表取締役副社長執行役員 小川 博

小川 博

1977年入社。エンジニアとして、加熱炉設計担当及び現場監督からスタートし、海外ではベネズエラ、サウジアラビア、インドネシア、イラン、カタールなどのプロジェクトでほとんどの役職を経験。それらのプロジェクトでは設計から建設の最後まで携わることが多く、技術力、マネジメント力を積み上げてきた。2005年に執行役員、2006年に常務執行役員、2009年に取締役常務執行役員、2010年に代表取締役専務執行役員そして2013年に代表取締役副社長執行役員に就任。

小さなトラブルであっても、問題解決のための原因究明を徹底し、改善を確認することが自身の重要な役割であり、千代田をより強くすることになる、と確信している。一人ひとりの能力を活かしながら、いかにしてシステマティックに組織として最大限に力を発揮できるかを考え、「会社に行きたい、行って仕事がしたい。」と誰もが毎朝思うような会社にしたいと念願している。

代表取締役副社長執行役員 長坂 勝雄

長坂 勝雄

1976年入社。若き時代に“火の玉小僧”の異名を放つ。海外調達を経て、1978年より6年半に亘り、米国駐在(ニューヨーク, ヒューストン)し、調達及び子会社管理業務に従事した。この時の米国流ビジネスの経験が、その後の海外顧客等の付き合いに役立つ事になる。1984年米国から帰国後、海外営業チームに配属し、プロポーザル作成から交渉までを行う。1987年よりナイジェリアの子会社及び現場に於けるアドミニストレーション業務に携わる。1989年よりアジア諸国の営業を担当し、1993年より2年戦略営業室員として、中長期目線のマーケティングを行う。1995年よりアジア・中東他の海外営業に従事し、2004年石油・化学営業本部長となる。2007年海外営業総本部長を経て、2010年執行役員、2012年取締役常務執行役員、2013年取締役専務執行役員、2017年2月代表取締役副社長執行役員に就任。

変革と成長は、会社を取り巻く社会情勢とお客様のご要求の変化を感じ取り、迅速に対応する事で成し遂げると信じる。「Global View & Local Focus」をモットーに、オール千代田グループの更なる飛躍に全力を尽くしたい。

代表取締役専務執行役員 兼 CFO 川嶋 誠人

川嶋 誠人

1976年三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行後、国際本部、営業本部、豪州三菱銀行、開発金融部などで内外の大企業取引とプロジェクトファイナンスの経験を積む。2001年審査第二部長、2002年大伝馬町支社長、2004年大阪支社副支社長として親密顧客への投融資審査や営業推進に関わった後、2006年以降ベンチャーキャピタルとサービサーの二つの銀行関連会社で経営に携わる。2011年4月に当社専務執行役員(CFO)、6月に代表取締役に就任。

中長期的なビジョンに基づき健全で着実な成長戦略をしっかり実行し、企業価値の持続的拡大によりすべてのステイクホルダーが最大限の満足を実現できる会社を目指す。仕事で心掛けているのは「説明責任」、「透明性」、「スピード」。